読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tana-mar.blog

エチオピアの首都アディスアベバにて、理科教師として活動する青年海外協力隊員のブログです。

明けましておめでとうございます。エチオピアは2008年です。

 エチオピアに来て3ヶ月。日本をはじめ世界的には2016年になりました。ここエチオピアはどうかというと…2008年です。今回は、独特のエチオピア暦とエチオピア時間を紹介します。

エチオピア暦

 エチオピアでは、西暦ではなく「エチオピア暦」が採用されています。エチオピアは現在、2008年です(2016年現在)。

 エチオピアにはエチオピア正教会という宗派があって、キリスト生誕の解釈が違うためにこのような8年ほどの差が生じています。西暦では1月から12月までですが、エチオピアでは1〜12月が30日ずつ。そして、なんと13月があるのです。しかも、13月は5または6日間だけ。これがエチオピア暦です。エチオピアの元旦は夏で、西暦でいうと9月11日。クリスマスは1月8日です。

 例えば、タクシーの領収書をもらう時に、なんにも言わないと2008年と書かれます。 僕は西暦でお願いしますって言って、2015年と2008年が混ざって2018年と書かれたこともあります。

 

f:id:Tana_mar:20160103233753p:plain

 大きく書いてある方がエチオピア暦、小さい右下の表示が西暦。

 

エチオピア時間

 ある日、「9時に待ち合わせをしよう!」と言ったとします。 エチオピア人はたぶん午後3時にくるでしょう。なぜか?独特の12時間制のエチオピア時間なるものが存在するからです。(時差とかそういうのではないです。)

 インターナショナル時間の午前9時は、エチオピア時間では3時。エチオピアでは午前6時を0時として午後6時までの12時間が1サイクル目。午後6時にまたエチオピア時間の0時にもどって、次の日の朝6時まで2サイクル目が続きます。

 待ち合わせをする時にはエチオピア時間かインターナショナル時間かしっかりと確認しろとよく言われます。実際にはインターナショナル時間で確認しても、勘違い?によって待ち合わせができない、ということがあります。。 なので、待ち合わせは「次の土曜日の3時(インターナショナルの午前9時)ね」という具合にエチオピア時間に合わせるようにしています。 

 

 こんな感じで全く年末感も新年感もない、年越しをしました。来週にはエチオピアのクリスマスが待っています。エチオピアでは貴重なチキンのワットを食べる風習があります(果たして僕は食べることができるのか…)。エチオピアはアフリカ最古の独立国と言われ、ほとんど植民地支配を受けていないことで有名です。まだまだ独特の文化があります。今後もいろいろな文化を紹介できればと思います。